FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
女の子のお正月飾り
羽子板20131126_112535
「羽子板」と聞いて、誰もがまず頭に浮かぶのは、「羽根つき」ですよね。
室町時代にはこの羽根つきを「胡鬼(こき)の子勝負」といい、正月の年占いとして、末広がりをした
胡鬼板(羽子板)で胡鬼の子(羽根)をつき、その年の平安を祈願したといわれています。
悪いものがこないように、板で打ち返し、一年の幸せを願っていたんですね。
「まり」は、幾重にも重なる糸のように、幸福が続き、丸く円満に暮らせるようにと願いがこめられて
います。
スポンサーサイト
[2013/11/26 13:10] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。